2PS程度の船外機用のスタンド作ってみました。

某メーカーの某営業所の販促品になってるようです。ちょっと照れます。

箱と運賃代払ってるような物ですから自作してる人も多いでしょう。参考にしてね。

現在千円で同梱サービス中のものはトランサムに合わせて若干長さが変更してあります。

ポリシー

  • 材料の調達も含めてなるべく簡単に出来ること。

  • 出来れば1000円以内でできる。用品で買うと運賃など含めると5千円は要るかも

  • 軽いのでキャスターは無用。そうするとハンドルも無用。シンプルでかっこいい。

作り方

  1. ホームセンターなどでツーバイフォ〜〜!の角材を買う。80Cm4本分程度。

  2. 80Cmに4本切る。その内2本を40Cm4本に切る。その内一本を33Cmに切る。

  3. 80Cm2本は縦足の部分、40Cm2本横足、1本左右連結、33Cm船外機取付部。

  4. 電動インパクトドライバーがあれば簡単です。写真のように組み立てる。

  5. 当然ですが、直角に気をつけないとガタガタします。怪我にもご注意を。

  6. 下の写真のネジ釘90mmの方はトランサム取付部に4本使用、他は65mmを使用。

  7. 作ってみた人は評価のBBSにすばらしい〜〜!と書く。(冗談ですが一言書いて頂くと嬉しいし、皆さんの参考になればと思いますので・・)

出来上がり後の感想

  1. 足の直角部分に45度に補強を入れるとさらにいいです。作ってみた結果特に必要無しと判断しましたが、ヘビーユーザーや長期的にはあった方がいいかも。

  2. 足の下20Cm余裕があります。メンテなど作業するにもちゃんと使えます。

  3. 出来てから分かったんですが、エンジンを360度回しても台には当たりません。

ご注意!

  • 材料を買うときはツーバイフォーと言ってください。特に大声で言うと笑われます。

  • 2PSから5PS程度のトランサムSかL用です。それ以上には対応しません。

  • 万が一ひっくり返る等の事故があっても当方は責任を負いません。

  • 釘とボンドでも大丈夫かと思いますが、木工ボンドは水に濡れると溶けます。

    その後の反省点と言うかいろいろあって・・・

    トランサムSに限定すると足は70Cmがベストです。BF2D6 Sに同梱する時は70Cmにしております。

    実際に使ってみると5PSは勿論、9.9PSでも十分使えます。ただハンドルは回せないし、チルトを上げて作業などするのならもう一つの大きな物の方が良いですね。店で新型8PSのSを引っ掛けて現在展示中です。

 

トップページ